文字サイズ
住み慣れた自分の家で暮らしていくには、いろいろな専門スタッフの見守りと連携が必要です。

在宅医療連携拠点事業

高齢化が進行する中で、患者や家族の希望により住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けることができ、安心して暮らせる環境をつくるためには、医療・介護にまたがる様々な支援を提供する必要があります。

本事業は、在宅医療を提供する機関等を連携拠点として、医療や介護に係る様々な職種が多職種協働した在宅医療の支援体制を構築し、地域における包括的かつ継続的な在宅医療の提供を目指すことを目的としています。

そして、次の取り組みを実施し、地域における包括的かつ継続的な在宅医療を提供するための体制づくりを構築します。なお担当地区は、中之島、本町、雄湊、吹上、砂山となっています。

主な取り組み
(1)地域における連携体制の構築
(2)24時間365日対応の在宅医療提供体制の構築
(3)在宅医療に関する普及啓発活動を行うこと
(4)地域の医療・福祉資源の把握及び活用